清澄寺ハイライト

清澄寺仁王門

清澄寺(正式名せいちょうじ、きよすみでらともいいます)の魅力を一部、ご紹介します。

  • 清澄寺大堂-虚空蔵菩薩は知力アップのご利益あり
  • 千年杉-人気のパワースポット
  • 旭が森-日本一早く朝日が見られる
  • 清澄のモリアオガエル

清澄寺大堂-虚空蔵菩薩は知力アップのご利益あり

清澄寺大堂

清澄寺大堂

摩尼殿(まにでん)と称されるお堂は、天和2年(1682)に完成。知恵や学力のご利益で知られる虚空蔵菩薩がまつられています。

虚空蔵菩薩とは
「虚空蔵」はアーカーシャガルバ(「虚空の母胎」の意)の漢訳で、虚空蔵菩薩とは広大な宇宙のような無限の智恵と慈悲を持った菩薩、という意味である。そのため智恵や知識、記憶といった面での利益をもたらす菩薩として信仰される。その修法「虚空蔵求聞持法」は、一定の作法に則って真言を百日間かけて百万回唱えるというもので、これを修した行者は、あらゆる経典を記憶し、理解して忘れる事がなくなるという。(ウィキペディアより引用)

また、向拝や欄間などには美しい彫刻がいくつも施されており、嶋村唐四郎による「力士像」は一見の価値アリです。

千年杉(清澄の大スギ)-人気のパワースポット

清澄の大杉(千年杉)

清澄の大杉(千年杉)

国の天然記念物に指定されている、大きな杉の木です。根回りの太さは約17.5メートル。樹高は約48メートルあります。
長寿のパワースポットとして、人気が高いです。

旭が森-日本一早く朝日が見られる

旭が森(朝日)

旭が森(朝日)

昇る朝日に向かって、日蓮聖人が初めて「南無妙法蓮華経」と唱えた場所。日蓮聖人の銅像は、大正12年8月30日に建立されました。その2日後に関東大震災が起こりましたが、損傷はゼロだったそうです。

旭が森からの眺め

旭が森からの眺め

旭が森は、11月~2月まで、日本一早く日の出がみられる場所として知られています。(富士山、離島を除く)
初日の出を見るため、1月1日は早朝から多くの観光客が訪れます。

清澄のモリアオガエル-千葉県指定天然記念物

モリアオガエル

モリアオガエル

県指定天然記念物のモリアオガエル。体長は5~9センチほどで、普段は森の木の上で生活しています。

モリアオガエルの卵

モリアオガエルの卵(画面の右側)

繁殖期(5~7月)になると、清澄寺の池の周りに現れます。水の上にある枝には、白い泡状の卵が作られ、いつしか池の中はオタマジャクシでいっぱいになります。

まとめ

清澄寺は、日蓮宗立教開宗の霊場で、日蓮聖人が最初に仏門に入った寺院です。「日本第一の智者となしたまえ」と祈願した虚空蔵菩薩は、知力・学力アップのご利益があり、習い事や試験勉強中の方には、是非お参りして頂きたいお寺です。
境内には、絶景が楽しめる「旭が森」や、自然のパワーがみなぎる「千年杉」、繁殖期にやってくる「モリアオガエル」など、見所が多数。お参りに、観光に、歴史と自然があふれる清澄寺を訪れてみませんか?

ホームページ:清澄寺